歌ってみたの機材とYouTubeを掛け合わせると、自宅でカラオケが楽しむことができます。

いわゆる、ヒトカラができます。

ヒトカラは、ヘッドホンを装着しカラオケします。

外に大きな音が出力されませんので、アカペラで歌える環境下であればどこでもカラオケを楽しむことができます。

この事実。

歌ってみたのファンであっても、実は知らないといった方が多いです。

「うたどく」も自分が歌ってみたのプレーヤーになって初めて知りました。

ですので今回は、歌ってみた機材があると自宅でカラオケが楽しめる。

この事実をシェアしたいと思います。

自宅でできる。このヒトカラのメリットは計り知れません。

誰でも実践できますので、ぜひ最後まで見ていってください。

歌ってみたMixを効率良く独学する方法

歌ってみた機材とYouTubeで自宅で無料カラオケが楽しめる

歌ってみたの機材

歌ってみたのために揃えた3つの機材は、カラオケ機材として活用することができます。

  1. マイク
  2. ヘッドホン
  3. オーディオインターフェース

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは、ザックリ説明すると音質を良くしてくれる機材です。

  • 良い音で録れる
  • 良い音で聞ける

圧倒的に音質が良くなります。

この3つの機材とYouTubeを掛け合わせると、自宅でヒトカラが楽しめます。

YouTubeですので機材さえ買い揃えてしまえば、その後はずーっと無料で楽しめます。

「うたどく」は、この3つの機材を買い揃えてからカラオケボックスへいくことが減りました。

歌ってみた機材とYouTubeの接続手順

やり方は、超簡単です。

歌ってみたを録音する要領で

  1. マイクとヘッドホンをオーディオインターフェースに挿す
  2. オーディオインターフェースとパソコンを繋ぐ

これで、すべての接続が完了です。

あとはそのパソコンからYouTubeにアクセスし、好みのチャンネルのカラオケ音源を視聴しながら歌う。

YouTubeにアクセス

これでヒトカラが成立します。

もちろん、オーディオインターフェースからスピーカーに出力することもできます。

YouTubeに歌ってみた機材で自宅をカラオケボックス化する方法!ヒトカラできます!という動画を上げています。

接続の手順を具体的に知りたい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

接続の手順は、3分10秒から始まります。

歌ってみたの機材は一体どれくらいかかるのか?

それでは、歌ってみたの機材を揃えるのに一体どれくらいかかるのか?

参考までに、「うたどく」が使用している機材の総額をご紹介したいと思います。

ザットこんな感じです。

——————————-
■ マイク
SHURE SM58-SE
10,780円(税込)

■ オーディオインターフェース
YAMAHA AG03
16,500円(税込)

■ ヘッドフォン
SONY MDR-CD900ST
15,180円(税込)
——————————-

総額は、42,460円(税込)かかっております。

初期費用が掛かるというデメリットはありますが、長期的にみれば十分に回収できる額だと思います。

歌ってみたの機材については、下記の記事で詳しく解説しています。

YouTubeでカラオケを楽しむためのおすすめ記事

テンポ良くカラオケを楽しみたいのであれば

  • カラオケ音源の探し方
  • カラオケ音源のストック整理の仕方

を押さえておいた方が良いでしょう。

これからYouTubeでカラオケを楽しもうと考えられている方には、以下の記事がおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

まとめ

歌ってみたの機材とYouTubeを掛け合わせると、自宅でヒトカラが楽しむことができます。

  • YouTube
  • マイク
  • ヘッドホン
  • オーディオインターフェース

冒頭でも話しましたが、実は知らないといった方が多いのでこの記事を作成しました。

自宅で歌を歌うことを趣味とされている方は、これを機会に一度検討してみてはいかがでしょうか?

【ボイトレ、楽曲制作、歌ってみたMIX】なんでもの学べるココナラ

ボイトレ、楽曲制作、DTM、そして歌ってみたMIX。

今は、オンラインで何でも学べる時代です。

教室に通い高額の授業料を支払うのはもう古いです。

オンラインレッスンは、私「うたどく」も利用しているココナラがおすすめです。

ココナラでは、その道のプロである専門講師から手軽に安くオンラインレッスンを受けることができます。

疑問なことがあれば会員登録後に、各講師の方に質問することができます。

会員登録はもちろん無料です。

丁寧に答えてくれます。ぜひ質問してみてください。

検索窓に適切なワードを打ち込めば、簡単に講師を見つけることができます。

基本的に個人間での取り引きになりますが、お金のやりとりはココナラが行ってくれるので安心です。

ちなみに「うたどく」は、STUDIO AViNCiさんからレッスンを受けています。レッスン料は1,000円~と格安です。

オンラインレッスンは、ココナラの「ビデオチャット」というツールを使用してのレッスンになります。

Zoomとほぼ機能は変わりません。画面共有もできます。

「ビデオチャット」は、スマホとPCで接続できます。

詳細は、ココナラのビデオチャットサービスについてで確認することができます。