【Cubase】ボーカルの録音方法

「Cubaseで録音のやり方が分からない!」

「Cubaseとオーディオインターフェースのオーディオ設定ってどうするの?」

「Cubaseにどうやってカラオケ音源を入れるの?」

その問いに、歌ってみた現役プレーヤーである「うたどく」がお答えします。

このページでは、Cubaseを立ち上げてから録音するまでの流れを詳しく解説します。

分かりやすいように写真つきで解説していきます。ぜひ最後まで読み進めてください。

歌ってみたMixを効率良く独学する方法

Cubaseを立ち上げてから録音するまでの流れ

Cubaseを立ち上げてから録音するまでの流れは、以下のようになります。

  1. Cubaseを立ち上げそして保存をする
  2. Cubaseとオーディオインターフェースのオーディオ設定をする
  3. カラオケ音源とボーカルのトラック作成をする
  4. カラオケ音源を読み込ませる
  5. ボーカルの録音をする

それでは、Cubaseを立ち上げてから録音するまでの流れを1つずつ見ていきましょう。

1. Cubaseを立ち上げそして保存をする

Cubaseを立ち上げます。すると以下のようなウィンドウが開きます。

最初にフォルダの選択とフォルダ名をつけましょう。

  1. フォルダを選択する
  2. ①のフォルダ内に作成されるフォルダ名をつける

フォルダの選択とフォルダ名

一番右側の③「その他」の中から④「Empty」をクリックし、そのまま⑤「空白のプロジェクトを作成」をクリックします。

空白のプロジェクトを作成

すると空っぽのプロジェクトファイルが開きます。

空っぽのプロジェクトファイル

まずは、プロジェクトを保存しましょう。

メニューの「ファイル」を開き「保存」でプロジェクトの保存ができます。「名前をつけて保存」することもできます。

プロジェクトの保存

2. Cubaseとオーディオインターフェースのオーディオ設定をする

メニューの「スタジオ」→「スタジオ設定」を開きます。

スタジオ設定

デバイス設定画面の左側「デバイス」の欄より「VSTオーディオシステム」を選択します。

設定画面の右側にてASIOドライバーを「自身のオーディオインターフェース」に設定します。

ASIOドライバーを「自身のオーディオインターフェース」に設定

「OK」ボタンでデバイス設定画面を閉じます。

次に、メニューの「スタジオ」→「オーディオコネクション」を開きます。

オーディオコネクション

オーディオコネクション画面の上部、「出力」タブをクリックします。

「バス名」の項にて「Stereo Out」、「オーディオデバイス」と「デバイスポート」の項に「自身のオーディオインターフェース」、が設定されていることを確認します。

「オーディオデバイス」と「デバイスポート」の設定確認

※設定がされていない場合、それぞれの項目をクリックし設定を行います。「Stereo Out」のバスそのものが存在しない場合、オーディオコネクション画面の左上の「バスを追加」をクリックし、「数」を「1」、「構成」を「Stereo」としてバスを追加してください。

オーディオコネクション画面の上部、「入力」選択し、画面の左上の「バスを追加」をクリックします。

「数」を「1」、「構成」を「mono」とし「任意のバス名」を付けて「バスを追加」のボタンをクリックし入力用のバスを新しく作成します。

入力用のバスを新しく作成

入力用の「Mono In」のバスが追加されていることを確認し、「オーディオデバイス」と「デバイスポート」の項に「自身のオーディオインターフェース」を設定します。

「オーディオデバイス」と「デバイスポート」の設定

3. カラオケ音源とボーカルのトラック作成をする

まず、カラオケ音源のトラック作成をします。

メニューの「プロジェクト」→「トラックを追加」→「Audio」をクリックします。

「Audio」をクリック

項目を入力し「トラックを追加」をクリックします。

  • オーディオ入力 → Stereo In
  • 構成 → Stereo
  • オーディオ出力 → Stereo Out
  • 名前 → お好きな名前
  • 数 → 1

以下のように設定します

次に、ボーカルのトラック作成をします。

メニューの「プロジェクト」→「トラックを追加」→「Audio」をクリックします。

「Audio」をクリック

  • オーディオ入力 → Mono In
  • 構成 → mono
  • オーディオ出力 → Stereo Out
  • 名前 → お好きな名前
  • 数 → 任意の数

項目を入力し「トラックを追加」をクリックします。

以下のように設定します

「カラオケ音源」と「ボーカル」のトラック作成がされました。

「カラオケ音源のオーディオトラック」と「ボーカルのオーディオトラック」の設置

4. カラオケ音源を読み込ませる

プロジェクトにカラオケ音源ファイルを読み込ませます。

カラオケ音源が入ってるフォルダを開いてドラック&ドロップするだけで読み込ますことができます。

カラオケ音源を挿入

カラオケ音源を読み込ますことができました。

カラオケ音源を確認

5. ボーカルの録音をする

録音の前にボーカルのオーディオトラックの「録音可能ボタン」が赤色に点灯していることを確認します。

入力された音を聞くためには、「モニタリングボタン」をオンの状態にしてください。

「録音可能ボタン」と「モニタリングボタン」

録音の手順です。

  1. ボーカルのオーディオトラックを選択
  2. 録音開始の位置を指定
  3. 録音ボタンをクリック

トランスポートパネルの停止のボタンをクリックすれば録音が停止されます。

録音の準備完了

録音した音声を聞く際は、モニタリングボタンをオフにして再生してください。

まとめ

Cubaseでのボーカルの録音方法を解説しました。

歌ってみたの作り方については、下記の記事にまとめています。こちらもぜひご参照ください。

これらの記事が、あなたの歌ってみたに役立つことを願っています。

【30日間は無料】サブスク音楽配信サービスをお試しで始めよう!

いろんな歌ってみたにチャレンジするならサブスク音楽配信は必須のサービスです。

私がいま利用しているのが、こちらのAmazon Music UnLimitedです。

その他にもSpotify、KKBOXを利用した経験がありますが、どれを選んでも月額、曲数や音質に差がないというのが実感です。

最終的にAmazon Music UnLimitedに落ち着いた理由は

  • 操作性
  • レコメンド機能(おすすめ)

これらの機能が他社の音楽配信サービスよりも優れていると感じたからです。

この点は、顧客満足度を重視するさすがはAmazonといった感想をもちました。

Amazon Music UnLimitedには、30日間は無料のお試し期間が用意されています。

もちろん、音楽が聴き放題いつでも解約できます。

サブスク音楽配信が気になるまた興味があるといった方は、まずはAmazon Music UnLimitedのお試しを検討されてみてはいかがでしょうか?

歌ってみたにチャレンジするなら幅広く楽曲を網羅する必要があります。

サブスク音楽配信サービスで、あなたの歌ってみたライフを充実させましょう。